楽器の種類と特徴について

打楽器の種類について

楽器には、様々な種類があります。その中でも一般的に持っている方が多いと思われるものにピアノがあります。ピアノは弾くのですが、打楽器の一種に含まれるのです。こういったことを知らない方が多いと思います。そこで、楽器の種類をいくつか説明していきたいと思います。

楽器には、大きく別けて三種類の種類があります。先ほど説明したピアノやドラム、木琴などをまとめて打楽器といいます。理由としては、たたいて音を出すからといわれています。

木管楽器の種類と特徴

次に、フルートやクラリネット、オーボエ、ファッゴットなどを合わせ木管といいます。これらの特徴はいずれも木でできていることです。そして、クラリネットやオーボエに関しては、リードといった木の板を使用して音を出すのです。また、サックスも同じ種類であります。サックスは見た目は、金でできているので違うものと勘違いしやすいですがサックスも木管の一つであるのです。このようなものが木管の種類に分類されるものであります。

金管楽器の種類と特徴

次に、ホルンやトランペット、ユーホォニューム、チューバ、トロンボーンなどは金管に分類されます。これらは鉄でできているため金管に分類されます。特徴としては、吹くところが金でできています。また、吹き方については唇の振動によって音をだすことができます。また、種類によって吹くところが違うのも特徴的であります。音も高音から低音まで出すことができます。大きさは様々ですが、大きさ関係なく音がでます。特に、トランペットは高音がとてもよくでます。

吹奏楽のなかでサックスは、メロディーや、副旋律、伴奏など様々なパートを担当する役割を持っています。またソロを担当することも多く、良く目立ち人気の楽器です。